icct20worldcup2016tickets.com

子供の金銭教育に必要なのが

教育熱心な家庭が増えている 子供の金銭教育には、毎月のお小遣いが良い教材になります。小さい内からお小遣いを渡すのは、教育上から見て良くないと考える親もいますが、そんなことはありません。できる限り、小さい内からお小遣いを与え、お金の大事さを学ばせることが大切です。ただ、お小遣いは好きに使っていいお金として漫然と与えてはいけません。使う目的を決めること、少し貯めてからでないと使えないものがあると言うくらいの額を渡すことが基本になります。

そして、お小遣いを子供に与えるうえで、きちんと約束しておかなくてはいけないのが、使い切っても補填しないと言うことです。お金を使い切るたびに新たにお小遣いを渡していては、お金の大切さを教えることはできません。また、お小遣いの額は、親が独断で決めることがほとんどでしょう。しかし、お小遣いを渡すくらいですから、1歳や2歳ではないはずです。子供と話し合って額を決めるようにしましょう。これも大事なことです。

Copyright (C)2018教育熱心な家庭が増えている.All rights reserved.